建ててからも携わる

部屋

富山で住宅の建築をする工務店は、小規模のリフォームも手がけることがあり、地域に密着した営業をしている分、融通という名の小回りが利く場合が多いようです。建てるにしても、購入してからリフォームを施すにしても、その分野の経験が豊富でなければなりません。慣れているのなら、音の問題から、まわりの住人への挨拶も欠かさず、そうした諸問題へのノウハウがあるのでスムーズに対応できるようです。一口に工務店といっても、千差万別です。どこも均質で安心できるというワケではなく、信頼できる施工事例での見極めは大切になります。客観的な判断材料としては、保険の加入やアフターサービスでしょう。建築中にはトラブルもあり得ます。保険に加入していれば、補償はスムーズですし、入居後に不具合が生じたときも、アフターサービスが万全であれば、無償で修理してもらえます。こうした内容は、住み心地にも影響してきます。

様々なスキルを発動

富山で営業する工務店は、新築住宅を建てるプロであり、木材、畳、漆喰などの昔気質の『和』に強みをもっています。しかも、信頼関係を築けるスタッフばかりで構築されていますし、幅広い連携先を確立しています。依頼される内容も主に、木造住宅の相談からプチリフォーム、エクステリア関連であるため、ニーズを把握して、プロとしてコミュニケーションがきちんと取れています。個々の強みも生かしつつ、チーム体制で信頼されています。専門家がスタッフにいるものの、多機能化したスタッフです。依頼先に専門知識のある人がいて欲しいと思うのも消費者ならではの気持ちで、一級建築士の肩書きでありながら、インテリアプランナーでもあるスタッフがいます。インテリアコーディネーターでありながら、FPという有資格者もいるようです。

和に強みを持つ

工務店では、左官工事、塗装工事、電気設備工事などの様々な工事も担います。富山には、未だに『和室DNA』が息づいています。もちろん、格式ある室ではなく、ごろりと横になれたり、ときには客間となるなど、融通無碍なスペースとして造られます。世間一般に、多目的な用途を想定しているために、居心地は重要視されず、魅力の薄い空間になりがちという声も耳にしますが、プロフェッショナルな人材がいるのも富山の工務店です。癒しの空間として組み込まれる和室、生きた和室を造るには、他室との繋がりやその居心地に魅力を持たせること、ここが必要不可欠であることも知り尽くしています。ポイントとなる目線・重心・手触り、使用する材の本質を知るからこそ、居心地のよい和室、和の住宅をデザインできるのです。ですから、多くの消費者がマイホーム計画の段階から、落ち着いた和室を考え、実際にしつらえています。